ウェディング関連♪

2009年10月25日

Dancing in the park

「今日の花嫁さん、可愛かった!」っと、
なんだか嬉しそうだった、フォトグラファー Go
どれどれ・・・っと見せてもらった。

0f5d2473.jpg


うん、可愛いっ!そして、なんて楽しそうな2人なの!!
その場にはいなかった私だけど、この2人の仲の良さが伝わる写真。
いいねぇ、私も落ち葉に囲まれてくるくる踊りたい 笑

よかったら覗いてみてっ(^^)



ハワイから、日本から、ベルギーから、フランスから、アメリカは西海岸から東海岸まで・・・
いつも郷ちゃんの応援をしてくれる皆に支えながら、今日も元気に撮影してますよーーー

これからもがんばります!
だそうです。



+++++++

Mixiで「腕の悪いカメラマンで結婚式が台無し」っといった内容のコラムを見た。
英国のカップルが約22万円を払って雇ったカメラマンによるウェディング写真が酷かったとかで、
「大事な思い出を台無しにされた」と訴えたところ、
カップルは勝訴、カメラマンには賠償命令が下されたらしい。
それでも「これらの思い出のいくつかは決して取り戻せない」と複雑な心境だったところ、
この二人の話題がメディアに取り上げられ、大きな反響を呼び、
2度目の結婚式の費用負担を申し出る企業も出てきて、
今度は立派なカメラマンにしっかり写真を撮ってもらう事ができた・・・っといった内容。

このコラムのカップルみたいに、最悪なカメラマンによる撮影で、
ウェディング写真は2度と見たくない作品になった・・・
っていう気持ちでいるカップルって、沢山いるんだよね。
少なくとも、私は「日本で式はしたけれど、ウェディング写真が気に入っていないので、
写真だけでも撮り直したいと思ってハワイに来ました」
なんていうカップルを何組も見てきてる。
「それなりの金額を払ったのに、まったく撮ってくれなかった」
っとおっしゃった花嫁さんもいたよ。

以前担当したことのあるお客様が持ち込んだフォトグラファーがいてね、
どんな撮影をするのだろうと、ちょっと興味を持ちながら挙式日当日、
アテンドをしていた私は、唖然としちゃった。

・決まった場所でしかシャッターを押さない
・カメラマンに視線を送ると、大体突っ立ってるだけ

この2点が非常に目立って。
気になって気になってしょうがなくってフォトグラファーに声をかけた。
彼の言い分は、こうでした。

「沢山撮ったところで、ギャラが増えるわけではない」
「カット数が多いと、編集するのが大変。仕事が増えるだけだから必要なカットしか撮らない」
「普通のデジカメでは撮れないようなアングルで撮るだけで客は喜ぶからそれでいい」

っと言は放ったのでした。
なんて人・・・なんて適当なフォトグラファーなんだこいつは!っと思っちゃた。

確かにね、私自身が撮影しているわけではないし、
その人のギャラがもしかしたら、非常に少ないのかもしれない。
でもね、だからってね、そういう態度でいいのか???っと。
このコラムみたいに、大きなクレームになりかねないのだから。

理想は、やっぱり撮っている自分も楽しんでいて、
「カップルやご家族ご友人の皆に喜んでもらいたい」っという気持ちを常に意識して、
そして自分の作品としてプライドを持ってシャッターを押してくれるフォトグラファー。
「大切なシーンさえ撮れていればいい」っという考えではなく、
「どんな瞬間も逃さない」っという姿勢で。

カップルさえ喜んでいただける作品となっていれば、
どんな撮影をされようが構わないのだけど。
口先だけは達者で、大した実力のないフォトグラファーだったり、
明らかにやる気のない姿勢で撮影するフォトグラファーだったり。
そういうのを見ると、とても許せない気持ちでいっぱいになってしまうのです。

ウェディングのみ限らず、
「こんなに素敵な写真撮ってもらったの!いいでしょぉ♪」っと、
一生自慢ができるような撮影を。
「いいなーーー!私もそんな風に撮ってもらいたいな!」っと
感じてもらえるような撮影を。
みんなに体験してもらえたら良いのにな・・・

at 14:21|PermalinkComments(3)

2009年10月21日

Wedding in New York

教会コーディネーターとして単発でお仕事をしてきたよっ

10/10/2009は、Columbus University St.Paul Chapelにて。
10/17/2009は、New Museumにて。

今月はあと2件。
今週末と、来週末、行って参ります。

Crea Creationのブログに2件分アップしてあるので、
NYウェディングに興味なる方、よかったら見に行ってみてみてーーー!
ちなみに、この2件のウェディングの撮影を担当したのは、
Crea creationのTakaさんと、このブログにも登場するGoの2人。

2人のブログにも写真載ってるので見てみてねーーー



c97b665f.jpg


Crea Time
http://ameblo.jp/creatime




9f0c7a3d.jpg


Taka Photo
http://taka-photo.blogspot.com




1e46fd04.jpg


郷のブログ - life is good -
http://aohago.exblog.jp



注:上記の写真は、私が撮影したもので、フォトグラファーの写真ではありません 笑



New Museumで、セレモニー、カクテルパーティー、披露宴すべての演奏をされたのは、
NYにてジャズピアニストとしてご活躍中の、Kazuko Mausnerさんとバンドの皆様!
NHKスペシャル番組『冬のソナタ』でもピアノを弾かれていた方です!
Kazukoさんのブログもぜひ見てみてくださいな♪

Kazukoさん、Goの写真をたくさん紹介していただいて、ありがとうございます!



+++++



定期的にみている週刊占い
10月19日から10月25日までの私の空模様にはこんなことが書いてあった:


"重要なことを任されるかもしれません。
あるいは、大きなチャンスがめぐってくるのかもしれません。
この動きは大変華やかですが
その入り口では、とても深いテーマに触れてくるようです。

水を恐れていた人が海に行って船に乗らなければならない仕事を任されたら
とても困ると思うのです。

でも、この仕事がとても大切な仕事で、やりたい仕事なのだとしたら
水への恐れを克服しなければなりません。

逆に考えると
この仕事のおかげで、水が怖くなくなるというプロセスがそこに発生します。

ひそかに抱いていた水への恐怖心をもっと大きく
派手な出来事をきっかけに解消できる、というわけです。

今週起こりそうなことの構造はそんな感じです。
なにか意欲を燃やせる華やかなチャンスが
貴方の心の奥に潜むなにごとかにインパクトを与えます。
それは、もうひとつの隠されたすばらしいチャンスなのだと思います。"


とてもオプティミスティックな文章に、私は毎回救われている気がする(^^)
同時に「もしかして、これの事かしら?」っと感じる部分があるので
ちょっとワクワクしてます。

「ひそかに抱いていた恐怖心をもっと大きく派手な出来事をきっかけに解消できる」

うふっ
なんだか、いい結果につながりそうな予感・・・

at 14:12|PermalinkComments(3)

2009年09月13日

my pleasure...

ウェディングプランナーとしてお仕事をしていた頃、
(って言うと、なんだか相当昔のお話みたいだけど 笑)
担当させて頂いたカップルから今でもオフィスにメールや写真が届いていて、
その都度、私の引き継ぎを務めてくれているスタッフ達がメールの転送をしてくれたり、
日本にお住まいのカップルから郵送でハガキやお手紙が届いた時は、
ハワイからニューヨークまで再郵送してくれます。

なんだかさ。
こうやって数年前に挙式をされたカップルから今でもお手紙が届くのって、本当にうれしくって。
「新しい命を授かりました」とか
「生まれました!3000グラムの男の子です!」とか
「あっという間に、生後19か月です」とか・・・

こういったお知らせをしてくれるのって、
カップルにとっての私の存在って、
少なくとも、「挙式のプランニングをしてくれた人」っていうだけじゃなくて、
きっと、もっと特別な存在であるのかな・・・って気持にさせられます。

溜息が出ちゃうくらい。
「ありがとう」って気持ちで胸がいっぱいになる。
嬉しい。

このハガキは、2009年6月7日、私がウェディングプランナーとして担当した、
最後のカップルから頂きました。

24781608.jpg


この日の朝、挙式の準備に向けて、
スタッフしか知らない、朝の超ビッグなハプニングもありましたが。
なんだか懐かしい・・・笑

+++

さて。
ウェディングといえば、先日の友達のウェディング。
早速、撮影を担当したフォトグラファーのブログにて、挙式日当日の写真がアップされました~!
私はデジカメ持っていたけど、ほとんど写真を撮っていなくって・・・

よかったら、見てやってっ!

フォトグラファーGoによる撮影。
ブログの写真一部をご紹介。ブーケとリングピローです!

fc73059a.jpg


白にマジェンタピンクのエッジがかかった、とても可愛らしい大輪のバラ。
そして、とってもラブリーな、シンデレラのかぼちゃの馬車みたいなリングピロー。
ブーケとブートニアを作成していただいたフローリストによる、
プリザーブドフラワーのリングピローです。超可愛いっ!私も欲しい!!笑
でも、私から、カップル2人にプレゼントさせていただきました(^^)

他にもたくさん写真あるので、よかったらフォトグラファーGoのブログ見てみてねっ



at 14:00|PermalinkComments(0)

2009年07月25日

The Best Wedding Entrance!

結婚式の入場シーンっといったら、どんな入場を想像する?
おそらく、

ブライダルマーチが流れて、
新婦のお父さんと新婦は足をそろえながら、しっとりと入場。
バージンロードの途中まで、新郎が迎えに行き、
お父さんから新婦を引き渡し、
今度はバージンロードの終わりまで、新郎新婦が歩いて行く・・・
それを静かに見届ける参列者・・・

っといった感じではないかしら?
アメリカンスタイルでも、ブライダルパーティーの入場として1曲流れ、
そのあとで新婦の入場曲に合わせて、ゆっくりとバージンロードを降りてくる。
感動で涙が出る瞬間。

でも、必ずしも、
ゆっくりとした音楽に合わせて、
ゆっくりバージンロードを降りてくる瞬間が涙を誘う・・・
っというわけでは決してないのです。

新郎、新婦、または2人共を知る参列者だから、
今まで2人の恋愛過程を知っていたり、
小さい頃の2人を知っていたりするから、
こういった祝福の日に、心から嬉しいと思うから感動するんだよね。

しっとりとした雰囲気ではなくても、感動はします。感動できる!
っという事を今日身に持って感じました!
素晴らしい、会場全体が一体感で溢れた、素敵なウェディングのオープニングと入場。

みんなにもおすそ分け★



こういうのも、全然ありだと思います!!
ほほえましくって、私、すごく感動した 笑
ハッピーエンドの映画のラストシーンみたいに。
胸からぐっと込み上げてくるものがあるねっ

入場スタートの2人は、おそらくセレモニーのプログラムを配っていた
Groomsmens、もしくはUsher達。
その後はBridesmaids達。
それぞれのスタイルでどんどん入場してきます。

一人ずつ入場しては、また入口へ戻っていたのかな。
カーテンコールみたいに、今度は全員で踊りながら再度入場・・・
っと、真中から新郎登場!
かっこいいです!

祭壇付近で、スローモーションで動きながら(ここ、うけるんだけど 笑)
それぞれの立ち位置に移動・・・

そして、花嫁さんの入場。

かわいいっ!
参列者全員の歓声の中入場。
もちろん、途中まで新郎は花嫁さんを迎えに行って、

2人、
腕を組み、
足を揃えて
ゆっくりと祭壇へ・・・(^^)

きっと、みんな汗だくだと思うけど 笑
それも、ありでしょう!

それぞれ、カップルらしい、
オリジナリティーあふれるウェディング。
型にはまらないスタイル。
大好きですこういうの!

また、選曲がナイス!
私のつぼにストレートに入ったよっ

+++

一人カフェが大好きな私ですが、NYにはカフェがいっぱいあるね!
外から見てるだけで、実際中に入った事は無いのだけど。
この前1軒行ってきたよぉ!

マンハッタン(ミッドタウン)にある、紀伊国屋。
ブライアントパーク目の前にある、大きな日本書店!!!
雑誌はもちろんのこと、写真集やCD、DVDなんかもあります。
日本語の漫画もあるし、英語版に書き換えられているものも沢山!
2階建てなんだけど、2階にはカフェがあって。
ここではお昼の12時にお弁当を販売するらしい。
私が行ったときは、まだ11時とかだったんだけど、
12時になったら、近くのオフィスで働いている人達が、がーーーっと集まってきて!
皆お弁当を買ってたよ。
ここら辺のオフィスには日本人がこんなに沢山いるのか・・・っとびっくりするくらい沢山いた 笑

カウンター席からの景色はこんな感じ。ブライアントパークが目の前に見えます。

3a6dfb39.jpg


今気づいたけど、らくがきだらけの派手なトラックが写ってるね 笑
なんて書いてあるんだろう???s...k... i? o... n??
まぁいいや。

息抜きしたい時は、ここに来ようと思いました(^^)

at 05:46|PermalinkComments(9)

2009年06月30日

Movie of La-Vie Photographers and me

日本で皆と逢えてよかったよーー!
今回逢えなかった方もいたけど、次回日本に帰って来る時は、
おそらく九州の方までも足を運ぶ予定なので逢えたらいいな!

素敵なレストランでのお食事会を開いていただいたり、
私がNYに引っ越すので、今回絶対に逢いたい!っと集まっていただいて、
ほんとに、ほんとに、嬉しかったです(^^)
今度はNYに是非遊びに着てねーーー!!

++

さて、26日にハワイに戻ってきてからは・・・引越しに向けて大掃除!
が・・・
29日本日・・・まったく終わらない!!笑
今まで大きな引越しをしたことが無かったから、捨てたくない物がばかりで・・・
捨てたくないから人にあげたり、ドネーションに出したり。
誰かの役に立つのであれば、捨てるよりはいいよね。

でも、一番手放した事でとっても悲しくなったのは、
4年ほどお世話になった車とバイバイした事(T-T)
超悲しくなったよ。
でも、連れ行くわけにもいかないので、本日ディーラーに引き渡しました。

明日は昼の12時にカーペット掃除の業者が我が家に来て、
2時頃TVを引き取ってくれる人が来て、
夕方の4時に、不動産が部屋の確認に来ます。
タイムリミットは、夕方4時まで。
完全に部屋を空っぽに出来るよう、頑張ります。

大掃除の真っ只中でまだまだ片付いていないのですが、
日本からハワイに戻ってきてからも、ハワイの皆様からの送別会の為夜は非常に充実しております♪
(そんな暇があれば片付けろーーー!ってとこですがっ笑)
先日28日は、いつもお仕事でも非常にお世話になっているLa-Vie Photographyの皆が、
お忙しい中集まってくれました!!
いつも一緒にご飯、お茶、遊びをしてくれるEriちゃんとかと、
身内でこじんまりとしたお食事会・・・を予定していたはずがったーっくさん集まってくれました!

その時の写真と動画をシェアいたしますっ(^^)

Movie: 送別会@つくね屋
(ビデオ撮影は、むかーしからお友達&La-Vie現役のボブちゃん(Jason)です)



+++++

340ee004.jpg


写真:
上左から、マイカ、カオリちゃん、モーガン、エリちゃん、ヒサミさん、
コバさん、サユミさん、マコトさん、アキラさん、ヒロキさん
下左から、マーク、カヨコちゃん、テツさん、ヨウコ、ゴウちゃん、ジェイソン、マユちゃん

フォトグラファーの皆さんによるブログも撮っても素敵なので見てみてねーーー!

La-Vie Aloha Diary
(Kaoriちゃん、Makotoさん、Hirokiさん、Tetsuさん、Jasonが登場しますっ)

Acreee Akira and Acreee Koba
(Akiraさん(Date: 6/30)とKobaさん(Date: 6/29)のブログにて、
写真&フォトグラファー郷のブログを紹介していただいております!
ニューヨークへの旅立ちをこんなにも応援していただいて、とってもとっても感激ですっ!!
ありがとうございます!!)


at 13:39|PermalinkComments(2)