Honolulu Marathon 2007chapel at northshore

2007年12月12日

my foundation of christmas...

377e81f5.jpg


クリスマス嫌いだった私が、今は人並みに楽しんでたりする。

小さい頃って、皆「サンタクロース」の存在を信じて、
クリスマスツリーの下に、ミルクとクッキーを置いてたり、
朝起きたら、枕元にプレゼントがあったりしたでしょ?

私は違ったのよね。

クリスマスの日は、いつも憂鬱だった。
だって、朝から教会に行かなきゃいけなかったから。
横浜の港の見える丘公園の近くにある大聖堂へ家族皆で行って、
お祈りをして、シスターの説教を散々聞かされた。

シスターエラって呼んでたんだけど、めっちゃ怖い人でね、
逢いに行く度、説教を受け、毎回怒られて、泣かされてた。
で、終わったら、キャンディーやチョコレートのプレゼントをもらって
ちょっとは嬉しく思うのだけど、でも、その場ですぐ食べられる訳ではなく、
「虫歯になるからダメ」っと、ママに取り上げられていたのでした 笑

Christmasと、Christ Mass
Santa Clauseと、St. Clause
Gospelsと、God's Spell

小さい頃から叩き込まれた知識もあって、
洗礼を受けている身でありながら、「宗教」っていう言葉に抵抗がありすぎて
クリスマスという日が、嫌で嫌でしょうがなかったんだよね。

でも、周りに居る人達は、
クリスチャンでもないのに「クリスマス」祝っちゃってたり。
クリスマスの本当の意味を知らないのに盛り上がっちゃったり。
Gospelsを、恋人達のラブソングと勘違いしちゃったりして。
そんな人達を見て、腹立だしくてしょうがなかった。

「宗教」という言葉に、偏見を持っているくせに、
クリスマスを楽しんじゃってる人が多すぎて、
そういう人達がバカみたいに見えちゃってたんだよね。

ディナー前に、手をつないでお祈りはするけど、
やっぱり最後のAmenを言うのにちゅうちょしてしまったりする事はある。
ゴスペルは大好きだけど、かけ声に合わせて言葉は出なかったりする。
一応Catholicでありながらも、今でも踏み込めない部分はあるけど。


大学でCatholicの授業を取らなくてはならなくなって。
同時に、心理学や犯罪学の勉強のなかで、
色々な国の、色々な「儀式」や「宗教」「Cults」の研究をしていたら、
なんだか、徐々に自分の中での考え方が変わってって。
雰囲気を楽しめる余裕ができたんだからそれで良いんだと、思えるようになって。
気がついたら、今の自分がいた。

小さい頃シスターエラに散々聞かされたJesusのストーリーを思い出してたりしながら、
季節を楽しむような感覚で、人並みに、クリスマスを楽しんでます。

6328cb5a.jpg


at 09:26│Comments(2) ヒトリゴト...ハワイ2007 

この記事へのコメント

1. Posted by Y・Y   2007年12月17日 21:27
今年もやってきますね。魔のクリスマス。やっぱり今年もヒキコモリマス。
でも今年は自業自得…
2. Posted by Yoko   2007年12月18日 03:48
Y.Y.> する事無いならハワイくれば良かったのに 笑
自業自得・・・でも、お勉強になるよね。クリスマスは友達と過ごしなよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Honolulu Marathon 2007chapel at northshore